医師は狭き門ではありますが

医師の国家試験の合格率って言ったら、実は9割以上あるというのを知らないという人もきっと多いはず。

そもそも、大学の医学部に入るのが難しいということもあるため、実際のところはここで合格したようなものである、というところが大きいでしょう。ですが、この医師の国家試験の合格率が高いというところが個人的には問題ではないかと思っているのです。

現状、医師の数は不足していると言われています。ですから、できるだけ医師の数を増やすことを目的として合格率を高めているとでもいうのでしょうかだとしたら、それは大きな問題なのではないかと思うのです。

医師としてふさわしい知識を身につけていない状態でも医療の現場に立つことができてしまうのであれば、そもそもそれは詐欺に近いことになりますし、誤診なども日常的なレベルで起こしてしまう可能性もあるわけですよね。さすがにそのような実力の医師ばかりならば、たとえ増えても全く意味のないものとなるでしょう。

どうしても医師の数は不足しているという現状があったとしても、可能な限り医師免許の取得のための試験は難しくした方がいいような気がします。結果的に一番困ることになるのは誰かと言ったら、他ならぬ患者さんなわけですから。

※医師求人サイト<転職で高収入を得るために>

Copyright (C) 2007-2014 [医師って本当に大変な仕事だということは理解して欲しい]. All Rights Reserved.