数字のマジック?医師の国家試験

合格率から見ると、とても簡単という数字のマジック。医師の国家資格の試験というものは、実に9割以上の人が合格している試験です。実際のところ大間違いと言うところがあります。はっきり言って、医師になるための国家資格試験を受けるためにはどこまでの苦労をしなければならないのかというところがあるのです。

医学部に入るまでにはどこまでの勉強をしなければならないか、というところは実際にやってみないとわからないというところもあるでしょうし、苦労して医学部に入った人もいることでしょう。そう言った人のことを考えてみたら、そこからさらに医師免許を取得するためにとんでもなく長い時間勉強をしなくてはならないということがあったとしたら、もしかしたら誰も医師になりたがらないかもしれません。

医師になればそれなりの収入を得ることができるため、医師を目指す人は多いでしょうが、医学部にはいるのも難しく、更に試験をパスするのも難しいというところがあるとしたら、医師の数はどんどん減って行くということを考えてみたら、試験の合格率を上げるのは仕方のないことなのかなと思います。ただ、その代わりに医師免許を取得してからの下積み期間を伸ばして、きちんとした技術を身に付けさせて欲しい欲しいというところもありますね。なお、透析医は透析専門の施設で募集が多くみられるので候補のひとつとして考えてみてはいかがでしょうか。

透析医の求人を探すには?

Copyright (C) 2007-2014 [医師って本当に大変な仕事だということは理解して欲しい]. All Rights Reserved.